日本国内向けお荷物に限り、一万円以上で送料無料となります
English | 日本語
! お知らせ: Feb 03, 2023 お買い上げ商品、全てポイント2倍!2月14日までの期間限定!一緒にバレンタインを楽しみましょう!

縉雲黄茶

中国緑茶

縉雲黄茶 縉雲黄茶 縉雲黄茶

浙江省麗水市縉雲県産のお茶である縉雲黄茶は、アミノ酸が豊富に含まれる中黄2号という黄化品種を用いた緑茶です。
中国市場でよく見かけるようになってきた黄色い品種ですが、安吉白茶の例と同じく、色によってこの名前がついているのであって、製法的には緑茶なのです。

最初に発売されたのは2011年で、2016年に開催された浙江省杭州市のG20サミットでは公式茶の一つに指定されるなど、一躍有名となりました。

安吉白茶の黄化品種である安吉黄金叶と同じくこのお茶の特徴は、何といってもアミノ酸含有量8%と黄化品種ならでは旨味の強さと、美しい外観です。外観といえば、お茶好きな方から分かる通り、同じ浙江省産の龍井茶と形がよく似ている通り、縉雲黄茶も釜炒りで殺青して、釜で乾燥させる、炒青緑茶です。

縉雲黄茶は、シナモンの香り背景にして、香ばしい香りとナッツの香りがする甘く滑らかな味わいのお茶です。 2煎目では香ばしい香りがより前面に押し出され、香りさらにグラッシーで青っぽくなります。

産地:浙江省麗水市縉雲県
品種:中黄2号新梢黄化特異茶樹
摘採時期:2022年3月23日

レビュー:

レビューを書くにはログインてください.
(この商品を実際に購入された方のみ、レビューを投稿することができます。)

このページを友達と共有する:

品番: TCH063

原産国: 中国、浙江省

原材料: 緑茶

賞味期限: 2023年 10月

寸法: 12 x 20 cm

賞味重量: 10 g

単価: ¥ / 袋 (税込)

数量:

税込価格:

¥ JPY

ご質問等ございましたら、お気 軽に お問い合わせ下さい。

作り方

3 g
0.1 oz
0.7 US tsp
95度
203°F
100cc
3.4 fl oz
100 ml
30秒~

淹れ方
1.ガラス急須や蓋碗に熱湯を入れて温めておきます。
2.茶葉3-4gに対して、100ccの熱湯を注ぎます。湯の温度は約90度〜です。
3.茶海(湯冷まし、ピッチャー)や茶杯(小ぶりの湯飲み)もお湯で暖めておきます。
4.蒸らす時間は30秒です。
※アクが出ていたら蓋の淵で切ります。1煎目を注いですぐに捨てる必要はありません。2煎目は茶葉が開いているため1煎目よりも短い時間で結構ですが、煎を重ねると味が薄くなってきますので、その場合は蒸らしの時間を長くしてください。
5.茶湯をいったん茶海等に注ぎ入れて味を均一にし、その後それぞれの茶杯に注ぎます。
注ぎ切ったら、茶葉の蒸れ防止に急須の蓋は空けて置いてください。

ただしお茶はあくまで嗜好品であり、なにをおいしく感じるかの基準は千差万別です。いろんな淹れ方を試してみて、自分に合ったお茶の淹れ方をしてください。

この商品を購入された方は、次の商品も購入されています

Instagramで最新情報をチェック

Instagramで最新情報をチェック