日本国内向けお荷物に限り、一万円以上で送料無料となります
English | 日本語
<< 前へ 次へ >>

抹茶 深雪の白

江戸千家 蓮華菴 川上閑雪家元御好

抹茶 深雪の白 抹茶 深雪の白 抹茶 深雪の白

こちらの抹茶は、京都・宇治の製茶問屋であり、多くの茶人に愛される抹茶を世に送り出している山政小山園の抹茶です。

この深雪の白は、口に含むと、ます最初にこのお茶の持つ甘みを楽しむことができます。その甘みを楽しんだあとにやってくるのが、心地よい苦味です。甘味と心地よい苦味のバランスの良さ、そして、まろやかな口当たりが特徴的なお茶です。多くの方に楽しんでいただきやすい、非常に調和の取れた抹茶といえます。
薄茶としてお楽しみいただくのがおすすめです。

茶銘「深雪の白」:
茶銘の「みゆき」というのは、雪を美称した読み方です。深く積もった雪を指します。

◆茶銘の末尾についている「〜昔」、「〜白」という表現について:
「〜昔」、「〜白」という語は、現代では格付け的な意味合いを持ち、濃茶と薄茶の区別として用いられますが、元々あった表現は「昔」だけであり、後になって、昔に対して白という表現が用いられるようになりました。「昔」という字は、最上級の茶の初摘みを行うといわれる3月20日 (旧暦)(廿日)の「廿(にじゅう)」と「日」の漢字を組み合わせたものとの説があります。

「白」という表現は、三代将軍 徳川家光の時代に入ってから見られるようになり、当時の大名茶人が盛んに「茶を白く」と宇治茶師に求めたことがきっかけだといわれています。当時の「白く」という表現が一体何を意味していたかは明らかではありませんが、古田織部は青茶を好み、小堀遠州は白い茶を好んだという記録が残されていることから、嗜好の違いをさすと考えられています。ここでいう白と青の違いというのは、宇治では茶葉の蒸し加減によるものであると言われます。

この他にも、「昔」と「白」の由来に関しては諸説あるようですが、かなり古い時代から活用されていた伝統ある「昔」という語に対して、江戸時代に入ってから表現されるようになった「白」の語を、後世の茶人たちが濃茶と薄茶の格付け的な意味合いに置き換え、通用させたとするのが適当と思われます。いずれにせよ、時代の流れや変化が反映され、現代に引き継がれている語であると言えます。

Nutrition information

レビュー:

レビューを書くにはログインてください.
(この商品を実際に購入された方のみ、レビューを投稿することができます。)

このページを友達と共有する:

品番: MYK030

製造者: 山政小山園

原産国: 日本、京都

原材料: 緑茶

賞味期限: 2024年 12月

単価:


数量:

税込価格:

¥ JPY

ご質問等ございましたら、お気 軽に お問い合わせ下さい。

この商品を購入された方は、次の商品も購入されています

Instagramで最新情報をチェック

Instagramで最新情報をチェック