English | 日本語
税込一万円以上(ポイント利用を除く)のお買い上げで送料無料(日本国内に限る)になります。

水金亀 2019

福建省武夷山の烏龍茶、武夷四大岩茶のひとつ

水金亀 2019 水金亀 2019 水金亀 2019

福建省の武夷山で産する四大岩茶の内の一つです。

水金亀の名前の由来としては、この茶の原木は川沿いに生えていますが、その姿が水面に反射した太陽の光が黄金に輝いているときに水面から亀が首をのばしているように見えることからこの名前がついたとされています。

岩茶は武夷山のどこで栽培されたかによって区別され、武夷山風景区内の標高の高い地域で育てられた正岩茶、標高の低い地域で育てられた半岩茶、周辺の茶畑で栽培されたものは州茶と呼ばれます。

正岩地区の水金亀は年に一度しか収穫されないために生産量が非常に少ないですが、州茶になると年に数回収穫されます。しかし岩茶本来の岩韻を味わうのであれば、正岩茶以外にはありません。

この水金亀の焙煎の度合いは中火であり、香りは沈香で、若干の梅花の香りを持っています。仄かに甘く滑らかな味わいですが秘めた岩韵が有ります。


2019年製茶 
産地:武夷山虎嘯岩付近

レビュー:

レビューを書くにはログインてください.
(この商品を実際に購入された方のみ、レビューを投稿することができます。)

このページを友達と共有する:

品番: TTY167

原産国: 中国、福建省

原材料: 烏龍茶

賞味期限: 2023年 7月

寸法: 12 x 20 cm

単価:

数量:

価格:

¥ JPY

ご質問等ございましたら、お気 軽に お問い合わせ下さい。

作り方

3 g
0.1 oz
0.7 US tsp
95度
203°F
150cc
5.1 fl oz
150 ml
30秒~

淹れ方
1.急須に熱湯を入れて温めておきます。
2.茶葉3-4gに対して、150ccの熱湯を注ぎます。湯の温度は約95~100度です。
3.茶海(湯冷まし、ピッチャー)や茶杯(小ぶりの湯飲み)もお湯で暖めておきます。
4.蒸らす時間は約30秒です。
※アクが出ていたら蓋の淵で切ります。1煎目を注いですぐに捨てる必要はありません。2煎目は茶葉が開いているため1煎目よりも短い時間で結構ですが、煎を重ねると味が薄くなってきますので、その場合は蒸らしの時間を長くしてください。
5.茶湯をいったん茶海等に注ぎ入れて味を均一にし、その後それぞれの茶杯に注ぎます。
注ぎ切ったら、茶葉の蒸れ防止に急須の蓋は空けて置いてください。

ただしお茶はあくまで嗜好品であり、なにをおいしく感じるかの基準は千差万別です。いろんな淹れ方を試してみて、自分に合ったお茶の淹れ方をしてください。

この商品を購入された方は、次の商品も購入されています

Instagramで最新情報をチェック

Instagramで最新情報をチェック