English | 日本語
TOPICS:
<< 前へ 次へ >>

緑茶の風味と香りの手引き

Tea Guide

年代もののワインと同様に、高級緑茶は、色、香り、風味、あと口に至るまで、完璧な感覚的体験をさせてくれます。風味や香りの両方において、どういった特徴が好きかを知ることによって、下記に示した10種類の一般的な緑茶の中から、お茶の初心者が緑茶を選ぶ際に、よく直面する迷いを直ちに解決することができます。

緑茶の初心者のための4種

緑茶の初心者のための4種

驚くことに、10種類のすべての緑茶は、同じ茶葉から生産されます。そして、生産者は、それぞれの茶葉の隠れた特徴をどうしたらうまく引き出せるかを知るのに、相当な知識と経験を必要とします。

もし、高級緑茶の世界にまだ馴染みがなく、それぞれの茶葉の特徴に対する知識をお持ちでないなら、まずは、次の抹茶、玉露、煎茶、ほうじ茶の4種類のどれかから飲み始めてみてください。

SAZEN TEA のお勧め高級緑茶

SAZEN TEA のお勧め高級緑茶

緑茶ともなれば、高級緑茶と品質のあまり品質のよくない緑茶を見分けるのに相当の専門的な知識が必要となります。SAZEN TEAでは、日本国内で最も信頼のおける製造元で生産された最高級の緑茶のみをご提供させていただき、長年培った広い知識を喜んでお伝えいたします。

抹茶 大極

初めてのお客様で、抹茶の伝統的な作法の世界に深く入り込みたいと思っていらっしゃる方には、日頃の疲れを癒してくれる香りのよい抹茶大極をご提案いたします。この抹茶は、他のお茶とは違った淹れ方をすることを理解するのに適しており、初心者の方にも点てやすいお茶です。

また、抹茶大極は、お湯で点てても、水で点てても、あるいは、濃茶でも薄茶でも、特徴があまり変わらないお茶ですので、バニラのようなクリーミーさを持った爽やかな花のような香りと、ほろ苦さのある甘い風味をいつもお楽しみいただけます。

高級抹茶を選ぶ
抹茶 大極

宇治高級玉露

弊社では、お茶の繊細さを求める方に、宇治高級玉露をお勧めしております。この緑茶は、淹れる際に注意してじっくり時間をかけることが要求されますが、それによって得られるその深いうま味は、それだけの価値があります。玉露に関しては、あらかじめ温めた急須で茶葉が開くのを待っている間に、熟した果物や新鮮な切りたての野菜を思わせる素晴らしい香りを楽しみいただけ、飲む前からお茶を体験していただけます。

水出しをすると、宇治高級玉露は、驚くばかりに甘みが出て、こくのある風味になります。また、熱いお湯で淹れると、ほろ苦さとお茶の豊かな風味があいまった味になります。

高級玉露を選ぶ
宇治高級玉露

高級煎茶 やぶきた

日常使いのお茶として、弊社の高級煎茶やぶきたほど素晴らしいお茶はないでしょう。お茶の初心者にも、お茶通にもひときわ楽しんでいただけるやぶきたの香りと風味は、本質的に同一なのです。つまり、風味がもたらすものそのものが香りなのです。この爽やかで軽やかなお茶は、やわらかな香味と、あいまったやさしい春のそよ風のような感覚をもたらしてくれます。

高級煎茶やぶきたは、ご家族やご友人で飲まれるのに完璧な日常緑茶であり、またビジネスパートナーの方々に出していただくことによって、より良い関係を構築できるかもしれません。

高級煎茶を選ぶ
高級煎茶 やぶきた

有機ほうじ茶

疲れた一日の終わりにリラックスするには、信頼のある有機栽培の茶畑のみから収穫したカフェインの少ない弊社のほうじ茶がぴったりです。弊社の有機ほうじ茶は、お子様からお年寄りまで、また、食品アレルギーや心臓疾患をお持ちの方にも安心してお飲みいただけ、しっかりとした焙煎の香ばしい香りがいたします。素朴な味とまろやかな風味をどうぞお楽しみください。

このお茶は、食事のお供に、また、消化を助けてもくれますので、食後のコーヒー代わりにもお召し上がりください。

高級ほうじ茶を選ぶ
有機ほうじ茶

最高のお茶の選び方、淹れ方、楽しみ方に関する詳しい情報を載せておりますSAZEN TEA BLOGをお読みになり、知識を蓄え、真のお茶通になってください。

このページを友達と共有する:

こんな記事もおすすめ

宇治の抹茶を世界へ

宇治の抹茶を世界へ

長い歴史を有し、信頼と品質の宇治の茶問屋の抹茶を選ぶ理由。Sazen Teaのオーナーの宇治抹茶に対する思いを知ってください ...

2017.05.13
What Kind of Matcha Do You Want to Buy?

What Kind of Matcha Do You Want to Buy?

If you are new to matcha, this article helps you to decide what do you need ...

2017.01.01
Topに戻る